低価格!LGの27インチ4Kモニターレビュー!LG-27UD58-Bは初めての4Kデビューに最適

やっぱりキレイ4K。

今回のレビュー商品

4K ディスプレイ
外部ディスプレイ用に購入した、LGの4Kモニター/ディスプレイの27インチモデル”LG-27UD58-B”。
4Kディスプレイ評価
画面の綺麗さ
(4.0)
デザイン
(3.0)
スタンド
(2.0)
重量
(3.0)
価格
(4.5)
総合評価
(4.0)

27インチ:エントリーモデル

簡単な外観写真等

とりあえず箱

付属品

写真紛失。文章のみでお許し。

  1. 簡単セットアップガイド、保証書
  2. 電源コード
  3. HDMIケーブル、DisplayPortケーブル
  4. スタンド関連
  5. 取扱説明書、CD-ROM

外観:正面

27インチということもあり十分のサイズ感。

デザイン性も無難なデザインなので良くも悪くもといったところ。また今回購入したのはエントリーモデルなので、ワガママは言わない。

金額は高くなりますがフレームレスモデルやプロフェッショナルモデルもある。今回の対象はエントリーモデルということでお間違えのないように。

外観:後ろ

後ろ側も無難なデザイン。真ん中の四角部分は壁掛け、モニターアーム時に使用。

外観:後ろ:接続端子部分

上から

  • ヘッドホン端子
  • HDMI入力端子×2
  • DisplayPort入力端子
  • AC-INコネクタ(電源コード)

外観:スタンド部分

スタンドは後付。写真では取り付けた後になりますよ。比較的かんたんに取り付けることが出来ます。説明書にも取り付け方法が日本語で書いてある。

スペックと詳細

簡単なスペックのみ記載。難しいこと書いてもわからない方も多い。基本的な項目だけ。

画面サイズ27インチ
本体サイズスタンド付き 633×464×202
重量(kg)スタンド付き 5,6Kg
アスペクト比16:9
パネル・タイプIPS
表面処理ノングレア
解像度3840×2160(4K)
HDMI端子2
DisplayPort1
ヘッドホン端子(ステレオミニ)1
ブルーライト低減モード
壁掛け(VESAマウント)100×100
消費電力(標準時)29.5W(最大37W)

LG:公式より抜粋引用。詳細見たい人は同リンク参照


MacBook Proと接続

MacBook Proに接続

ちょっと暗くなってしまった。全然これでは4Kなのかさえ分からない。

注意点
4Kディスプレイに60Hzで接続するにはMacの場合はMacBook Pro (2016 以降)、Mac Pro (Late 2013)、iMac (Retina 5K, 27-inch, Late 2014) 以降ではないと接続不可。お持ちのスペックを要確認!私のは2016年なので60Hzにて問題なく接続できます。またこれに対応していなくても4Kの30Hzでしたら接続可能の場合もあります。
詳しくは以下のリンクより
参考

Mac で 4K ディスプレイ、5K ディスプレイ、Ultra HD TV を使う公式サイト

購入前に確認

きちんと前もって調べておきましょう。せっかく4Kモニター買ったのに使えなくては意味がない!持っているWindowsパソコン、Macパソコンにてしっかり対応しているかは忘れずに。

また必要な端子ケーブルが必要な場合もあり。

各種Macにはモデルによって接続方法も違い、また正しい方法ではないと4Kで出力できません。今回は私のMacBook Pro2016の場合で紹介です。

MacBook Pro 2016 の私の場合

MacBook Pro 2016 本体のUSB-C端子とディスプレイのDisplayPort端子へケーブルで接続するのみ!

他にも方法はあるのですが私の場合です。

大事なのはケーブル!おすすめケーブルをあわせて紹介!

おすすめ接続ケーブル

このケーブルを接続すれば簡単にMacBook Pro 2016 を4Kディスプレイに60Hzで出力できます!ケーブル価格は2,000円弱しますがケーブルにも色々種類があるので間違えないようにお気をつけ。

4Kディスプレイの良いところ

文字

簡単に言えば解像度が上がったということはきめ細やかになっているわけ。文字がとてもキレイに表示される。写真ではうまく伝わりませんがフルHDから4Kに変わるとあきらかに全然違います。読むのもこうして文字を書くのも楽しくなってしまいます。

映像

写真では到底分かりませんがYoutubeの4K動画をテスト視聴してみると違いがとてもわかりました。また、動画に関しても今の時代スマホでも4K動画撮影できますし幅が広がっていくと思う。

編集

私はPhotoshopやIllustratorや動画編集も多少するので画質がいいことにこしたことはありません。

作業範囲が広い

(画像引用:公式より)

4Kとは3840×2160という広い作業スペースを確保できます。環境がかなり変わります。


4Kディスプレイの悪いところ

解像度問題

今回私が購入させていただいた27インチモデルにての感想ですが、4Kの3840×2160で作業するには文字が小さく、全てが小さくなってしまいます。

逆にこれより小さいモデルの24インチモデルはもっと厳しいものがあるでしょう。

WQHDが理想

WQHDとは(2560×1440)の解像度ですがこれが一番27インチでは見やすい。また以前のフルHDよりも断然作業範囲が広く扱いやすい。

また4Kのディスプレイには解像度があるためWQHDでも同じように文字など鮮明でとてもきれい!

私なりの見解は変な話ですが通常の作業時は4Kディスプレイを購入しているけどWQHDでの使用をおすすめします!

使用用途による解像度の使い分けが一番いい。

熱問題

これは私のMacBook Pro 2016ではそこまで体感はありませんが外部ディスプレイとして使用している場合、接続しているパソコンが熱くなってしまう場合もあります。さずがの4Kディスプレイ。消費も大きいので余裕もったスペックで使用しましょう。
<h2″>27UD58-Bの良いところ

価格

まずは価格が安いというところ!4Kモニターですがこのモデルは値段とのコストパフォーマンスはいい商品です。4Kモニター欲しい人、初めてデビューする人にはおすすめするディスプレイです。上をみたらキリがないしもっと良い商品もあるのは事実だがこれはこれで最高。

サイズ感は27インチがちょうどいい

24インチと27インチがありますが、27インチを買いましょう。3インチの差でもかなり変わります。大きいから嫌だという場合は4K諦めましょう。金額の差もほとんどありません。

その他

基本的な角度調整や各種設定も揃っています。

h27UD58-Bの悪いところ

フレームレスではない

こちらのモデルはデザイン的にもフレームレス設計ではありません。デザイン重視したい方はこの商品の上位モデルで機能はほとんど変わらずデザインが良くなったバージョンもあります。ただし私の購入したエントリーモデルと比べると+10,000円ほど高くなります。ブラックとホワイトがあります。

高さ調整はできない

最近のディスプレイには角度調整は基本ですが高さ調整もできるディスプレイが多いですがこちらのモデルの商品はできません。角度調整のみです。

必要のない方は良いですが、必要って方はこの上位モデルの購入をおすすめします。フレームレスかつ高さ調整可能など最上位モデルです。ただし私の購入したエントリーモデルと比べると20,000円以上高くなります。

スタンドが頼りない

後付けで簡単に取り付けられるスタンドですが、頼りないです。いきなり折れることはないでしょうが固定が弱いと言うのでしょうか、ここだけは価格が安い分しかたがないのかなと思いました。普通に使用していれば問題ない程度なので気にしないことにします。

おわりに

ということで簡単にまとめたレビューをおわります。今後も色々な4Kディスプレイや5Kディスプレイといった商品が出てくるでしょうが、まずがデビューがてらには今回の商品をおすすめします。

今回のレビュー商品

4Kディスプレイ評価
画面の綺麗さ
(4.0)
デザイン
(3.0)
スタンド
(2.0)
重量
(3.0)
価格
(4.5)
総合評価
(4.0)

Copyrighted Image